中国のユニクロに客が殺到し商品奪い合い、殴り合い、マジでとんでもないことになる【海外の反応】

39

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)などで3日、ユニクロ店舗に客が殺到して商品を奪い合う様子を収めた動画が大きな注目を集めた。

財経網など複数の中国メディアによると、客らの目当てはユニクロとKAWS(カウズ)のコラボTシャツ。KAWSは米ニューヨークで画家やグラフィック・デザイナーとして活動する人物。今年4月には香港で行われたオークションで、ザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』とアニメ『シンプソンズ』のパロディ「THE KAWS ALBUM」が1億1590万香港ドル(約16億円)で落札されたことでも注目を集めた。香港の俳優エディソン・チャン(陳冠希)が熱狂的なファンということで、中国でも人気のアーティストだ。

報道によると、「ユニクロとKAWSのコラボはこれが最後」とのうわさが流れたこともあり、発売日の6月3日に一部のファンや転売目的の客が店に殺到したとみられる。

【動画】ユニクロに客殺到で大変なことに!壊れるシャッター…|レコードチャイナ

海外の反応

😂

動物。

社会信用システムとはなんだったのか

マネキンが着てる服を買うために脱がそうとしてるの初めてみたわ。

私なら買い物かごを防具として使ったと思う。

ここで戦争や食糧不足が起きるとどうなるんだろうな…

店舗のマネージャーは首だな。

5000年の歴史。
とても文明的で調和がとれてるね。

おいおい、中国は確かに批判できることが多いけど、まじかよおまえ?バーゲンするとどこの国でもみんなおかしくなるんだよ。

いやいやT-シャツだぜ?
T-シャツだぜ?
この国以外でこんなことになるとは思えないな。

どこでも起こるよ。みんな限定商品に夢中になるんだ。
↓の動画とかね。ナイキはアート・バーゼルで特別カラーの靴をリリースつもりだったけど、みんなが押し寄せたせいで、発表する前にキャンセルになったんだ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SneakerBuyers™さん(@sneakerbuyers)がシェアした投稿

アメリカのブラックフライデーセールの映像見たことないの?このセールで死者もでるんだぜ。

こういったことを中国の独自文化だなんて言うのは馬鹿げてる。

ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。小売店などで大規模な安売りが実施される。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている。また、年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある。

ブラックフライデー (買い物) – Wikipedia

ブラックフライデーで同じことが起きるから、残念だけどこれは人間の普通の行動なんだよなあ。

少なくともブラックフライデーでは高値の電化製品とか手に入るじゃん。ユニクロが売ってるのは価値のないT-シャツだぜ。

これ思い出したわ。
ジミー・チュウのセールと女性の間に入っちゃだめ。

30年前に抗議した若者達に比べると、これは恥だね。

翻訳元

参考:ブラックフライデーの様子

Posted by うるる