ニンジンの視力向上効果のデマを流したのはイギリス?人体に関する俗説と事実が話題に【海外の反応】

知識0

12の人体に関する俗説と事実

俗説:人間は脳の10パーセントしか使用していない。
事実:眠っている時でさえ大脳皮質のほとんどはフル稼働している。

俗説:大人になると脳細胞は成長が止まる。
事実:生涯を通じて神経細胞(ニューロン)は成長し、変化する。

俗説:暗い所で読書したりスマホで字を読むと視力は低下する。
事実:これらの行為ですぐに目が疲れるが、休めば回復する。

俗説:枝毛はシャンプーやコンディショナーでケアできる。
事実:枝毛はカットするしかない。

俗説:人間の感覚機能は5種類で、五感と呼ばれる視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚である。
事実:少なくとも21種類の感覚がある。例)平衡感覚・温度感覚

俗説:寒い時は風邪をひきやすい。
事実:風邪を引き起こす原因は気温ではなくウイルスである。

俗説:酒を飲むと暖まる。
事実:酒を飲むことで表層血管が拡張し、暖かく感じる。

俗説:くしゃみをすると心臓がびっくりして止まりそうになる。
事実:心臓の鼓動は変わるものの止まることはない。

俗説:汗をかくことで体の毒素を排出できる。
事実:汗腺が体を冷やすだけである。

俗説:ニンジンで視力が回復する。
事実:ニンジンは筋力低下の予防に役立つが、視力は回復しない。

俗説:健康的な歯は真っ白である。
事実:歯の自然な色は少し黄ばんでいる。

俗説:患部にオイルを塗布すると、やけどは治る。
事実:患部に何か冷たいものをあてるべきである。オイルを塗れば熱がこもる。

NOTE

氷を直接当てるのはNG。流水や少量の氷を入れた水袋が良い。

海外の反応

いやいや誰がやけどでオイル塗るんだよ!?

シェフだけどそもそもオイルのせいでやけどするんだが。

バター使えよバター。

子供の頃俺がやけどするとママはいつもバター塗ってきたぜ。

祖父母はいつもやけどにはバターだって言ってたぜ。絶対効果ないけど。

ワクチンを受ける代わりに薬草を使う人々がいるのにやけどでオイルを塗るバカがいないと思う?

オイルやグリースをやけどに塗るのは古い治療法だったんだよ。今は誰もしない。(しないよね?)

おいおい薬草は特定の場合では役立つよ。薬やワクチンの代替品じゃないけどね。

バターやオリーブオイルはやけどに対する昔の民間療法で、今でもやってる人いる。

初めて日焼けした時、アロエローションを塗ったら化学熱傷しちゃったな。アロエの香りがするローションだった。

ERで働いてるけど、やけどにバターや歯磨き粉つけてるバカ多いよ。

レストランで働いてるけどカットしたトマトを使ってるぜ。

うちじゃやけどにマスタード、水ぶくれにスライスオニオンだよ。まあプラシーボ効果だねw

ロシアではよくある。

風邪がウイルスによって引き起こされるのは知ってるけどさ、寒いところでずっと震えていたら体の抵抗力が弱るだろう。

空気が乾燥すると鼻やのどの粘膜が乾燥して、防御力が低下するからな。

これらは専門的に言えば正しいけど、いくつか誤解を招くだろう。寒いとやっぱり風邪は引きやすくなるよ、抵抗力が弱るからね。そしてシャンプーやコンディショナーは枝毛の発生を防ぐ。枝毛が魔法のように元の毛に戻るわけじゃないけどね。

ソース出せよソース。矛盾してないのもあるし何個は正確じゃないじゃん。

これ作ったのは”Brightside”って言うロシアの企業だよ。似たよ言うなコンテンツをYouTubeにも投稿してる。

うん、第六感で幽霊見えるね。

ってことは俺の歯は健康ってこと?

うん。ホワイトニングしてるやつはすぐわかるよ、偽物の「暗闇で光る」スマイルでね。

ホワイトニングの流行は馬鹿げてるわ。

俺はいつも脳の8%しか使ってないぜ。HA!

豆知識:ニンジンのやつは第二次世界大戦中にイギリスが流したデマ。新型レーダーをドイツに知られないようにするため。

翻訳元:Imgur

Posted by うるる